セフレを作る時&出会う時のルール知っておきませんか

とても都合がいいセフレを見つけた時に、「このままつなぎとめたい」と考える気持ちが生まれますが、それでも「言っておかなければならないこと」は正直に言っておかなくてはなりません。
結婚をしていてそれを壊すつもりがないならばそのことは言わなければなりませんし、恋人がいる時も同様です。
またそういった決まった相手がいない人でもそのセフレと付き合うつもりが全く無いのであれば、その件についても話しましょう。
相手がそれを納得するならば、関係を結んでいいでしょう。

パートナーに不満があるからこそセフレが欲しい

またなぜセフレを求めたのかといえば、結婚相手や恋人とのセックスに不満があるからかもしれません。
それでも愛している気持ちがあるから、別れることはせずに、セックスの問題だけを他で解消する方法を選択しているわけです。
もしそのような決まった相手とのセックスの問題が解決したのであれば、セフレとの関係は解消したくなるでしょうし、必要もなくなります。
また新しくもっと良いセフレが出来れば、用なしです。
その時にはすっきり別れるということが必要です。

もし、どちらかに情が芽生えたのなら・・・

しかしどちらかに情が芽生えてしまっていると、それも難しくなります。
情は、未練や執着心を伴ってしまうからです。
そういったものはカラダだけの関係には、実は全く不要なもので、めんどくさい種です。
しかしそれでも、そうなってしまうことはあるのです。
だからこそ事前に取り決めを行っておくことが大切になってくるのです。
「決めたことでしょう?」と言われてもなかなか気落ちはすっきりしないでしょうが、それでも引くしかありません。

マンネリしてきたら新しいセフレを

またセフレとの関係がマンネリ化してしまい、全く楽しめなくなってしまったときは、それも別れ時です。
セックスを楽しむことだけに特化している関係にもかかわらず、セックスが楽しめないのであれば、もはや何の意味もありません。
それ以上関係を続ける価値がないのです。
どちらか一方がそれを感じたときにも、別れたほうが賢明でしょう。
体だけの関係のニーズはゴマンとありますから、その人と別れたからと言って「もう二度とこんな人との出会いはない」などと悩む必要はありません。

セックスへの不満を持っている人は多く、その中には相性がぴったりの人も必ずいます。
大体セックスの不満は相手が淡白であったり、自分に対しての異性としての興味が無くなってしまったなどです。
積極的にカラダの関係を求める人の「理由」は似ていますから、その中での出会いはお互いに満足できる可能性が高いのです。