セフレとの関係を終わらせる方法

セフレを作る方法はネットを探すとたくさん出てきます。
出会い系サイトや出会いアプリを利用したもの、合コンや婚活パーティーを利用するものなど出会いのきっかけをとにかくたくさん作ることがセフレ作りの近道になります。
しかし、関係を切る方法を探してもなかなか出てきません。
トラブルをなるべく避ける方向性でセフレとの関係を終了させる方法についてご紹介します。

何故セフレと別れたいのか?

まず、どんな時に別れたいって思うのでしょうか。
他のセフレができた、飽きてしまった、セフレが恋人になりたがっている、彼女にバレそう、バレた、妊娠させてしまったので逃げたい、彼女と結婚することになったなどでしょうか。
大抵の場合は連絡先を一方的に変えて逃げてしまうというパターンになりますが、それではセフレがストーカー化してしまう可能性もあります。

別れたい時はハッキリ伝える

できるだけ関係を終わらせるということは告げたほうがいいでしょう。
女性側が自分はセックスのみの関係なので、いつ切られてもいいと割り切っている場合は話が早いのですが、彼女になりたかったと考えている場合はなかなか話は進みませんね。
関係を終わらせるには今付き合っている恋人と結婚することになったとハッキリと言ってしまったほうがいい場合もあります。
関係が長くなるからこそ、終わらせる時の話はややこしくなってしまいがちですが、関係が長くなっていれば相手の性格もある程度把握できていると思います。
どんな別れ方をしたらいいかは自然にわかってくるのではないでしょうか。
相手側が本気になってしまわないように常に気をつけておくことも、関係をすんなりと終わらせるコツともいえそうですね。

ハッキリ伝えられないのなら

また、自分から関係を終わりにしたいと言えない場合は会う回数を少なくしていったり、連絡をする頻度を少なくして相手から連絡がこなくなるような自然消滅を狙っていくパターンもあります。
完全に割り切った関係の場合だと自然消滅もありえますが、相手が恋愛感情を持ってしまった場合は連絡がないことを責められてしまうことがあります。
普段からマメに連絡をしたりして勘違いさせないように気を配る必要があります。

そもそも、恋愛感情を持たせてしまうのはNG

純粋にセックスのみを楽しむ目的だったのに、セックス以外に食事に行ったりドライブやデートなどをしてしまうと、女性は恋愛感情を持ってしまうことが少なくありません。
あくまでもセックスのみの付き合いに制限をするなど決まり事を自分の中で作っておくことなども、いざ関係を終わりにするという時には役に立ってくるといえます。