セフレと上手く付き合うならメールや電話は控えるように

セフレと上手く付き合っていきたいと思うのであれば、しつこいメールや電話といった連絡の交換は極力控えるようにしましょう。
基本的にセフレと連絡を取り合うことはセックスがしたくなったときと思われていますから他に用事がないときにでも平気でメールなどをしてしまうのは下手をすれば迷惑行為にとらわれてしまうことがあります。
必要もないのに連絡を取り合っていけばセフレとしての関係も怪しく、いざセックスがしたくなったときに連絡をしても連絡がつかなくて会ってくれないという日が多くなっていってしまうかもしれません。
そうならないためにもあくまでもセフレとはしつこく連絡を取り合うことはしないようにすること、を心がけていくようにしましょう。
それがセフレとして付き合っていくうえでの暗黙のルールのようなものになっていきますから守っておいて損はありません。
セフレ以上の関係を望んだときにも最初のうちからメールや電話をガンガンおこなっていくのではなく、控えめにするのがオススメです。
あまりにもしつこいようだとメールも無視されてしまうだけでなく、電話も着信拒否されてしまう恐れがあるので連絡していく頻度というものは考えていかなければなりません。